交通事故の物損事故での慰謝料の扱いについて

交通事故が発生すると被害者には慰謝料が支払われるのが一般的です。これは被害者の精神的なダメージに関しての補償なので物損事故の場合は状況が大きく変わります。物損事故の際に慰謝料がもらえるのか、あるいはもらうための手段はあるのかについて解説していきます。

被害者にとっても加害者にとっても重要な情報となっています。

交通事故と慰謝料

交通事故が起こると加害者側は被害者に対して様々な賠償金を支払う必要があります。その中には慰謝料も含まれています。慰謝料は精神的なダメージについての賠償を行うためのものです。一般的な交通事故では怪我や物の損傷などが発生するだけでなく、被害者に精神的なダメージも負わせることになります。

被害者は交通事故での怪我という本来経験しなくてもいい恐怖を経験させられた状態になるので、やはり加害者はその精神的なダメージへの賠償を行う必要があります。精神的なダメージはお金で測れるものではありませんが、賠償としてはお金で行うしかないので概ねの基準が用意されています。

基本的には被害者の怪我が大きいほど慰謝料の金額も大きくなります。

物損事故とは

物損事故とは交通事故のうち、事故に遭った方が一切の怪我をしていない事故のことを指します。その範囲は非常に広く、例えばガードレールに追突したという事故から、車両のみの損傷があった車同士の事故まで幅広く物損事故として扱われます。

物損事故でない交通事故は人身事故と呼ばれます。交通事故が起こった時にそれが物損事故なのか、人身事故なのかというのは重大な問題です。物損事故の場合は相手が怪我をしていないので、相手の車に対する賠償が中心となります。

車同士の事故の場合は物損事故と人身事故の両方の可能性がありますが、相手がバイクや歩行者であった場合はほとんど人身事故となります。

物損事故の際には基本的に慰謝料が発生しない

物損事故は人が怪我をしていない交通事故なので、人身事故よりも精神的なダメージが少ないと見なされ、基本的には慰謝料が発生しません。交通事故の衝撃や自動車の損傷など精神的なダメージに繋がりうる要素はいくつもありますが、それが慰謝料に繋がるという仕組みが交通事故においてはありません。

あくまで車両の損傷や車内にあったものの故障などへの賠償だけが行われます。例えばとても車が好きな方の場合は自動車が損傷したことへの精神的ダメージが非常に大きいと推測できます。しかし、個々人の車への思い入れを立証することは難しく、そういった場合でも慰謝料が発生することはありません。

高級車の場合は修理費も高くなるので賠償額自体は上がりますが、慰謝料がプラスされることはないのが実際のところです。交通事故に遭った方の中には物損事故であっても多大な精神的ダメージを受け、PTSDなどの疾患を患う方もおられます。

その場合はPTSDの治療のための費用を加害者側が負担する可能性がありますが、慰謝料については支払われないままです。怪我をしていない方の慰謝料を認めてしまうと、賠償の際限がなくなってしまう可能性があるので物損事故ではほとんどの例外を認めていません。

ペットが交通事故に巻き込まれた場合

一般的な感覚からすると家族のようなイメージも強いペットですが、法律上では物とみなされています。

そのため、ペットが事故に遭ったり、自動車事故でペットが怪我をしてしまったりした場合でも物損事故として扱われます。物損事故では慰謝料が発生しないので、万が一ペットが亡くなってしまったとしても慰謝料が支払われることはありません。

ペットの治療費については損害賠償の1つとして支払われます。例えばペットを散歩中に車に轢かれてしまった場合、飼い主が巻き込まれていれば人身事故、ペットのみが事故に遭った場合は物損事故として扱われます。これらはいずれも交通事故が加害者によって意図的に引き起こされたものではないという前提で作られている仕組みです。

もし、加害者が悪意を持ってペットを事故に合わせようとした場合であれば慰謝料を請求できる可能性があります。ただし、それは飼い主への慰謝料であり、ペットへの慰謝料を認めるケースは極めてまれとなっています。

物損事故でも例外的に慰謝料の支払いを請求できるケースがあります

物損事故であっても相手にあまりにも重大な落ち度があったり、事故で与える影響が極めて重大なケースにおいては加害者に慰謝料の支払いが命じられることもあります。ただ、民事裁判を起こすことが必要となります。例えば、車がわざと留守中の家に突っ込んできたという物損事故の影響で、その家に引き続き住むことが出来なくなったとします。

この物損事故においては被害者が事故のせいで別の場所に住まざるを得ないという重大な精神的ダメージを負うことになります。裁判にて家が変わることへの苦痛や精神的なダメージが及ぼした影響などを主張すれば、加害者に慰謝料の支払い義務が発生する可能性があります。

加害者が意図的に家に突っ込んだのであれば、悪質な器物損壊となるので慰謝料が認められる可能性も高くなります。交通事故が起こった当初は物損事故として扱われていても、後々に人身事故へと切り替わるケースもあります。

むち打ちなどの場合は外傷がなく、後から違和感に気づくということも少なくありません。そういった怪我に気づいた場合は医師の診断書などの証拠をそろえて人身事故への切り替えを要求する必要があります。物損事故と扱われているままでは慰謝料を受け取ることが出来ません。

人身事故への切り替えが遅くなると怪我と交通事故の因果関係の証明が難しくなります。物損事故と人身事故では受け取るお金の額があまりにも違うので、弁護士に依頼してでも確実に切り替えることをお勧めします。精神的なダメージを負わせようとして物損事故を起こされた場合にも慰謝料を請求できる可能性があります。

例えば走行中に何らかの理由で腹を立てた車に、煽り運転をされた上に軽い物損事故を起こされたとします。物損事故の規模自体は小さなものかもしれませんが、煽り運転によって明らかに相手に恐怖を与えようとしたと推測できます。

相手が怪我を負っていなくても、そのような行為は暴行罪に抵触する可能性が高く、裁判になれば慰謝料を請求できるケースもあります。確認したい場合はドライブレコーダーなどの情報を弁護士に見てもらうことをお勧めします。

参照|交通事故 ... https://www.ko2jiko.com/